【1月】真冬のバス釣り|野池・川・ダム・琵琶湖に有効なルアー

正月

この記事では、(真冬)1月バス釣りについての
情報を1ページにまとめました。

  • 1月のバスの状態
  • 1月のバスの居場所
  • 真冬の釣り方
  • おすすめルアー
  • 野池・川・ダムの攻略
  • 琵琶湖・河口湖攻略

など分かりやすく掲載しています。

----スポンサーリンク----

▼目次(クリックでジャンプ)▼
1月のバスの状態
真冬のバスは釣れない!?
真冬のバスの居場所
食い気のないバスの釣り方
1月にオススメのルアー・ワーム
1月の釣れるルアーランキング
真冬のタックル
1月の野池攻略
1月の川攻略
1月のダム攻略
1月の琵琶湖攻略
1月の河口湖攻略
1月の霞ヶ浦攻略

【真冬】1月のバスの状態

冬

1月は…全国どこでも冬の時期になり、バス釣りに関しても真冬のシーズン

12月は、気温・水温がドンドン下がって変化する時期でパターンを読む事が必要ですが、1月は気温・水温が下がりきった状態です。

水温が下がる → 水温が下がると動かなくなる → 動かなくなると必要とするカロリーが減る → カロリーが減るって事は捕食する量も減る!

基本、寒い時期になればなるほど食べる回数・量が減って、動かない・エサの食いの悪い状態になっている事が多いです。

真冬のバスは釣れない!?

カエル

たしかに1月にもなればエサの食いの悪い状態になっているので釣る事が大変なイメージですが、冬のバスも食べなければ生きていけないことも事実です。

捕食する時間(フィーディングタイム)では、冬バスでもしっかり口を使ってくれます。

真冬のバスが釣れないと言われる原因

  • エサの食いの悪い状態になっている
  • バスの居場所が分からない
  • 冬のバスの釣り方が分からない

たしかに冬のバスフィッシングはオフシーズンではありませんが…厳しい季節でもあり、

ノーフィッシュ・ノーバイトは当たり前(笑)

しかしバスプロに好きな時期と聞くと…冬と答える人が多いです。

その理由は…大きいサイズが釣れやすく・オフシーズンと勘違いしている人のおかげで釣り人が少ないからw

真冬のバスの居場所

1月のバスの居場所を探すのに1番大切なことは、「水温の安定」な場所!

豆知識

バスが動けなくなる基準は、水温10℃以下
7℃を下回ると完全に冬の水温になっていきます。

日照時間が長い、北が有効になる事も

水温が温かい場所を好むので日照時間が長く、水温が温まりやすい北側のポイントがバスの居場所になる事があります。

風の当たらない場所

特に北風が当たるエリアでは、表水温を下げられてしまうのでバスがいない事が多いので、風が当たらない場所を探そう!

水温が安定している深場(ボトム)

バス釣り ボトム

冬の定番と言ったら深場(ボトム)

冬の朝は放射冷却により表水温が一気に低下します。
そして日中に晴れて入れば水温は上昇し、これによって表水温は過度な水温変化が生じる。

冬の時期のバスは水温の変化を嫌がる事があり、それによって水温の安定した場所を好みます。

その安定した所は、放射冷却を受けず・日中の光も受けにくい場所が深場(ボトム)です。

★ディープエリアと障害物が絡んだポイントは、バスが付いている可能性が高くなる。

ウィードエリア(藻)

ウィード

1月でも枯れる前・枯れ初めのウィードが存在しやすい。

そのウィードエリアは比較的に水温も安定しやすくベイト(餌)も存在していることがあるので、ウィードを中心の狙う事がおすすめ!

湧き水・温排水

湧き水・滝

フィールドによってない場所もあるかもしれませんが、湧き水・温排水が好条件になる事があります。

山間部の野池やダム(リザーバ)は湧き水がある場所もあり、水温が高くバスが好むエリア

工場や家庭からの生活排水(温排水)も水温が高いので、一級ポイントになる事があります。

居場所のまとめ

  • 日当たりが長い場所
  • 風の影響がない場所
  • ボトム(深場)
  • ウィードエリア(藻)
  • 湧き水(温排水)

上記のポイントが1月で有効になるポイントなので、チェック(*’▽’)

食い気のないバスの釣り方

12月まではバイブレーション・スピナーベイトのような巻物で釣る事ができた季節ですが、1月からは巻くことがだんだん大変な季節になってきます。

水温7℃以下なら、スローに攻める

水温が7℃以下になるとバスの動きが鈍ると言われています。

バスの動きが遅いのでスローにスローに攻める事が大切!

釣れる時間は?

1月は気温・水温が低いため、温度の上がるお昼以降が釣れやすい時間になる事が多い

口を使わないなら、使わせろっ!

スローに攻める事が大事な時期ですが、リアクション(反射で口を使わせる)釣りが有効になる事も!

ブラックバス水中映像~冬のルアー

【真冬】1月にオススメのルアー・ワーム

バス釣り ボトム

スローに攻める物

  • スモラバ
  • ラバージグ
  • ダウンショット

リアクションで食わせる物

  • シャッド
  • メタルバイブ
  • メタルジグ
  • スピンテールジグ

基本1月の寒い時期のバスにはスローに攻める事ができるスモラバやダウンショットなどのワームが有効

プレッシャーの多い場所や食い気の全くなくなってしまった魚には、バスの目の前をルアーを通してリアクション(反射で口を使わせる)で誘う事が大切で、

この2つのパターンが1月ではメインになる釣りなので覚えておきましょう。

冬に使うルアー紹介【釣りよか】

真冬の夜でも釣れる

普通なら冬は14時~17時くらいの暖かくなる時間帯が釣れると言われていますが…冬でも夜が釣れるのも事実です(笑)

…しかし夜は本当に寒いので必ず温かい格好をしていこう!

夜のポイントも日中は日当たりが良く風が弱いエリアは有効で、ベイトが豊富だと釣れる可能性が上がります。

シャロークランク

夜になるとデカバスがシャローに上がってくる!?

冬の夜にシャロークランクやバイブレーションの巻物が有効で、夜は視界が悪いので音や水押しの強いルアーが反応が良い

【真冬】1月の釣れるルアーランキング

ソフトルアー(ワーム)ベスト5

【1位】ドライブシャッド
(OSP)

ドライブシャッド

1位がドライブシャッドは予想外(笑)
使い方は0.9gのネイルシンカーを入れてボトム(底)をズルズルと引いて使用するw

真冬らしいドライブシャッドの使い方ですね( *´艸`)

【2位】ウィップクローラー
(レイドジャパン)

ウィップクローラー

ストレートワームもネコリグでボトム(底)を攻めて使用する。

【3位】ドライブスティック
(OSP)

ドライブスティック

スモラバのトレーナーでも大丈夫ですが、ダウンショットで使用する事が1月では有効ですね!

【4位】バブルスピア
(ピュア・フィッシング・ジャパン)

バブルスピア

あんまり知らない人も多いワーム(笑)
でもランキングにランクインするなら間違いないっ!!(笑)

【5位】イモ
(スミス・ゲーリー)

イモ ゲーリー

ボトム・ズル引きと言えば…イモ(笑)
まぁズルズルやれば1月のバスも釣れちゃいますね( *´艸`)

ハードルアーベスト5

【1位】レベルバイブブースト
(レイドジャパン)

レベルバイブブースト

プラスチックで作られているメタル系バイブレーション

メタルバイブと使い方は一緒ですが、釣れる魚は一味違うルアーなんですよね♪

レベルバイブブースト
情報まとめ

【2位】バンクシャッド
(エバーグリーン)

バンクシャッド

低水温時・低活性用に作られたルアーで霞ヶ浦で活躍しています。

【3位】TN
(ジャッカル)

TN

バイブレーションの定番と言えば、TN!

サイズ・カラー共に豊富

【4位】エグジグ
(ジャクソン)

エグジグ

スモラバと言ったら…エグジグ!
まぁ人気のあるスモールラバージグ

【5位】サーキットバイブ
(デプス)

サーキットバイブ

メタルバイブのルアーですが、サーキットバイブは素材が特殊!

サーキットボード(電子機器の基盤の素材)なので、軽くて丈夫な物を使っています。

その為立ち上がりが他のメタル系よりも良い(*’▽’)

—スポンサーリンク—

真冬のタックル

ストラディック グラディエーターアンチ

スローに攻める事が可能な、スモラバとダウンショットが扱えるタックルと
リアクションで食わせるメタルバイブ系を使えるタックルを紹介していきます。

スピニングタックル

ロッド
  • 固さ:ライト
  • 長さ:6.5フィート前後
リール
  • シマノ:2000番前後
  • ダイワ:1500~2000番
ライン

フロロ

  • 4ポンド前後
    (1号)

スモラバとダウンショットなどのフィネスが扱える道具。

スピニングおすすめ道具

レイドジャパン グラディエーターアンチ
GA-63LS ディフェンダー

シマノ(SHIMANO) 15
ストラディック C2000HGS

シマノ ストラディック

クレハ(KUREHA) シーガー R18
フロロリミテッド 100m 4lb

シーガー R18 フロロリミテッド

ベイトタックル

ベイトフィネス
出典:レイドジャパン

ロッド

グラディエーターシリーズのブラックスパロー(G-65MLC)
【レイドジャパン】

グラディエーターアンチ

リール

SV 103SHL【DAIWA】

SV 103SHL

フロロライン

シーガー R18 フロロリミテッド 10lb
【クレハ】

シーガー R18 フロロリミテッド

【真冬】1月の野池攻略

池

池選びが1番大切!

真冬のバスを釣るので1番大切なのが、池選び!

どの季節でも池選びは大切ですが、1月の寒い時期に選ぶ池は、小規模野池がオススメです。
※減水野池でも大丈夫

小さい野池の場合、ルアーを投げて池の真ん中に届く事ができれば、1番深い場所を狙う事ができます。

大きい野池の場合、そもそもバスの居場所に届かない事があるので注意!

魚がいる場所を探す

池を選んだら、次は魚のいる場所を探す!

冬の好条件エリア

  • 日当たりが長い場所
  • 風の影響がない場所
  • ボトム(深場)
  • ウィードエリア(藻)
  • 湧き水(温排水)

このようなポイントがあれば良いですが、小さい野池に来たのならば、1番深い場所を攻めよう(*^^)v

シャロー(浅場)でも釣れることがありますが、それは活性が高い、数少ないバスです。

それよりも絶対数が大きい池の最深部を狙った方が釣れる確率が上がるので、冬が苦手な人は深いエリアを攻めよう!

ルアーセレクト

エグジグ

  • スローで攻める(スモラバ・ダウンショット)
  • リアクションで攻める(メタルバイブ・シャッド)

が基本になるのですが、魚のいる場所が分かっている・自分が行き慣れた池ならスローに攻める事ができる。

ただ…知らない地域やバスの居場所が分からないのなら、魚がいそうな好条件エリアをメタルバイブのリフト&フォールやシャッドの巻きなどで魚が多くいるエリアを探す事が良い結果が出やすいです。

1月野池の動画

ダウンショットで釣る

シャッドで釣る

メタルバイブで釣る

凍った野池で釣れるか検証(笑)【釣りよか】

【真冬】1月の川攻略(リザーバー)

冬 川

1月にもなれば雪が降る中、釣りをすることになる季節です。(笑)

1月の川の水温は地域によって変化しますが寒い場所では1度前後になる所もあり、その中でも1番水温が温かいのは下流エリア

※川の水温は気温よりも1~2ヵ月遅れと言われています

1月・川バスの居るエリア

場所選び

水温が低い時期なので、水温が安定・温かい場所は好条件!

川の中流~下流が、水温が高い方なのでチェック(*^^)v

ポイントの探し方

温排水の流れ込み

温排水
出典:ツリタビ

冬の川で大事な場所は、温排水(おんはいすい)

温排水とは?
原子力発電所・製鉄工場・化学工場で冷却水として使われ、温かいまま川に流される水の事。

※簡単に説明すると、人が使用した水って覚えると分かりやすいと思います。

この温排水は、とても温かい水で寒い時期だと川から湯気が出るほど(笑) バス・他の魚も好むエリアなので温排水がある場所を探しましょう!

寒さを防ぐ障害物

テトラ・ウィードなども寒さを防ぐ好条件のポイントになります。

複合するポイントが大切

ポイントの選び方ですが、温排水が流れて・テトラがある・深場など…ひとつのポイントで複数(3つなど)寒さを防げる物が多い場所はバスがいる可能性が非常に高い

できるだけ好条件が重なるエリアを選択する事が大きな釣果につながります(*’▽’)

釣り方

ブラックバス

釣る前に好条件を追加しよう!

雪が降る可能性がある時期です。釣りに行く日も天候(暖かく・風のない日)がベスト

太陽の光が当たるテトラやコンクリートは水温が上がりやすい♪

ボトムを攻める

この時期でもトップウォーターで出る可能性がありますが…難しいのでボトムをしっかり攻めていきましょう

放置・ドリフト

川の流れを使って流す(ドリフト)でも1月のバスを釣る事ができます。

川の底でワームを放置しても釣れるので、フィーディング(食べるタイミング)の可能性も(笑)

シャッド系ルアー

プレッシャーが強くかかっている場所では、ワームで攻めるよりもシャッドなどでリアクションで食わせる方が早い

ストップ&ゴーが効果的な時もあり!

オススメルアー

シャッド

ソウルシャッド

高速巻き・ストップ&ゴーでリアクションバイトを狙おう!

スモラバ・ラバージグ

エグジグ

ボトムを狙う時に定番のスモラバ

ミノー

レベルミノー

冬でミノーを使う人は少ないイメージですが、冬でも使えるルアーです。

スローに攻めたり・トゥイッチやジャークでも反応あり

ダウンショットリグ・ライトリグ
(ワーム)

ダウンショットリグ
出典:ツリレコ

ワームは、フィッシュテールワームなどがオススメです。

1月の川バス釣り動画

極寒 スモールマウスバス

真冬 スモールマウスバス

冬の河川

1月 遠賀川おかっぱりバス釣り

【真冬】1月のダム攻略

1月のダムの状態

ダム

ダムのように水量の大きなフィールドは水温が下がりにくく、野池などの小さなフィールドよりも秋のパターンが遅くまで続くことが多い。

気温と水温の差が大きいダムでは、水温チャックが大事! 気温を気にしないように。

ポイント選び

風あたりが少なく・日当たりが良い場所は好条件!水量の大きなフィールドだから水温が下がりにくいのですが、ダムは山の中にあるので気温がすごく下がりやすいので、水温を意識しましょう!

水深のあるボトムが有効
行くフィールドに異なりますが、1月の真冬の場合ボトムをしっかり取ることが重要

水温がある場所

まだ水温があるダムならクランクベイトやミノーで巻いてとることも可能

水温が関係してくるので、なんでもミノーで巻けば良いと思わないように!

【真冬】1月のダム攻め方・釣り方

真冬のバスはバイト(ルアーの食いつき)は非常に小さいので、集中しましょう!

バイトが本当に小さないので、分かりずらい事が多い

匂い

匂いが効く

この寒い時期に少しでもバスにワームをアピールする意味で「匂い」があるかなしかで釣果の差が変化します。

真冬で食い気のないバスには、匂いの付いているワームを選ぼう!

トップウォーターは釣れない!?

絶対釣れないってことはないですが、トップウォーターで出すことは難しい季節

水温が7度前後がトップウォーターで釣れるギリギリなラインなので、これ以上水温が下がってしまうと厳しい

夜・朝マズメ・曇りなどの光が少ない日なら、視界が効きにくい条件でトップウォーターの音が有効になる事もあります。

オススメルアー

レッグワーム
レッグワーム

ダウンショットで使う事がおすすめ
ドライブクローラー
ドライブクローラー

キャロライナリグ・リーダーを80㎝前後でボトムをズル引き(水深のあるダム)

【真冬のダム】youtube動画

日指ダム

布目ダム

【真冬】1月の琵琶湖攻略

冬 琵琶湖

1月の琵琶湖は気温が下がり、ガイド(釣り竿の糸を通す輪)が凍ってルアーを投げる事ができなくなる季節でもあり(笑)

しかし大きな湖で深さもあるので、野池や川と比べると水温はある。

外気がマイナスでも水深のある深い場所では10℃前後ある場所も存在するので、暖かい日が続けばチャンス!

ポイント選び

質問

琵琶湖のバスが冬を過ごす場所

  • 風が当たらない
  • 波も少ない
  • 水温が高い
  • 漁港
  • 水深のある場所
  • 湧水
  • 温排水

漁港は、水の流れが少なく・風が当たりにくいのでオススメのエリアになりやすい

カイツブリを探す

カイツブリ

データ引用元

1月の攻め方で大切なことは、ベイトフィシュ(餌となる魚)がいるエリアを探す事!

ベイトフィシュを探す目安としてカイツブリ(鳥)を探す事がキーになります。
カイツブリは、小魚を食べて生活をしています。

カイツブリ → 小魚いる → バスがいる可能性が上がる

陸っぱりの釣果のあるエリア

旧彦根港

雄琴港

旧彦根港と雄琴港は冬の琵琶湖では有名なポイントです。
大谷川河口

針江地区

大谷川河口と針江地区は山からの湧水が流れ出ている有名な場所です。
におの浜

温排水が有名な「におの浜」

ボートで釣果のあるエリア

ボート
北湖の水深が10m以上ある場所
ボート釣りなので、おかっぱりで釣果のあるポイントも攻める事も可能ですが、人が多いのでボート釣りのメリットの水深のあるエリアを攻めた方がよい!

グランドホテルの沖
グランドホテルの沖ではウィードが生えていて、冬バスの好条件になります。

攻め方・釣り方

レベルバイブブースト

メタルバイブ

冬のバスはメタルバイブで食わせる!

リアクションで無理やり口を使わせましょう。

スイムジグ

特大なエリアなのでスイムジグで効率よくサーチする事もオススメ

ラバージグ

冬の定番のラバージグ!

ドライブクローとポークが人気あり

ヘビーキャロライナリグ

ヘビーキャロライナリグ

出典:隙あらばバス釣り

ヘビキャロで遠投!
シザーコーム 3~3.8インチの小型のワームが有効

アクションして、5秒~15秒ほど放置を繰り返す。その日の状況で放置時間などを変えよう

冬の季節攻略

おすすめルアー

リトルマックスTGマッスル(エバーグリーン)
リトルマックスTGマッスル

通常のリトルマックスよりも、リトルマックスTGマッスルの方がボディーがコンパクトで高比重

TGマッスルはスピードが速くストレートにフォールする事でリアクションバイトを誘いやすいです。

サーキットバイブ(デプス)
サーキットバイブ
サーキットボードを使用したボディ素材、低重心のメタルバイブでハイレスポンス・ハイピッチが魅力

スイミングショット(がまかつ)
スイミングショット

スイミングショット3/8ozにスタッガー6インチ(ハイドアップ)が定番

フラットバックジグ(デプス)
フラットバックジグ

フックの強さ・耐久性に優れているラバージグでトータルバランスが良い!

釣れるワーム

シザーコーム【3インチ前後】(ジャッカル)
シザーコーム

ウォブリング【2.5インチ】(ジャッカル)
ウォブリング

サタンワームよりもスイミングの姿勢が良いウォブリング

ライトキャロで使用するのがオススメ

ハドルフライ【2.5インチ】(イマカツ)
ハドルフライ

あんまり売っていないワームのハドルフライ

琵琶湖以外でも、もの凄く釣れるワームなのでオススメで、ダウンショットが定番の使い方

琵琶湖 1月youtube動画

マスゲン釣りチャンネル

秦さんタックル紹介編

キンケンさんの真冬・超攻撃的な攻め方

琵琶湖 釣り動画

1月の河口湖攻略

1月の河口湖の状態

河口湖

他の地域よりも標高が高い場所にあるのが、河口湖!
12月には、他の地域よりも早く真冬のシーズンに突入している事が多いです。

1月では水面が凍っていることが多いので釣りにならないこともあり(笑)

ポイント

溶岩帯ディープエリア

  • 畳岩
  • ロイヤルワンド
  • さかなやワンド
畳岩

ロイヤルワンド

さかなやワンド

溶岩は太陽の光を吸収しやすいため、水温が上がりやすいのが特徴です。溶岩帯の沖は水深が深い場所があるので冬のバスが過ごしやすい

1月におすすめルアー(河口湖)

メタルバイブ

レベルバイブブースト 浮遊エビ(FUYUU_EBI)

スピンテールジグ

デラクー

ラバージグ+ポークルアー

フラットバックジグ

1月河口湖 バス釣り動画

ニジマスを狙う

ニジマス

1月に河口湖でバスを釣る事が厳しい状況なら、ニジマスを狙うのもあり!

11月~5月までニジマスの放流時期で、現在でも放流をしているそうです。ただ昔と比べると放流する回数などが減っている可能性があります。

ニジマスを狙う場合、スプーンや小型のミノーがメイン

河口湖に行き慣れた釣り人でも1月はバスが釣れないって事が多いのです。

1月の霞ヶ浦攻略

【1月】霞ヶ浦のポイント選び

土浦港

霞ヶ浦で人気のポイント。

冬のシーズン以外でも釣れる場所なので、人が多めでプレッシャーが高い

新川・排水機場前

冬の定番ポイントの新川!

温排水もあるので、超人気スポットなので人が多い

新川・ケーズデンキの横

ケーズデンキの近くの護岸(ごがん)ポイント

「新川・排水機場前」よりも有名じゃないので、「新川・排水機場前」が人がたくさんいたらこちらに移動してみよう

与田浦の南側エリア

与田浦といえば杭!

杭がたくさんあり「千本杭」と言われています。杭がある場所で水深があるエリアに冬バスがいる可能性が高いです。

常陸利根川の高浜エリア

超メジャーポイントの高浜エリア

川が大きく曲がるアウトサイド(外側)が水流でえぐれています。アウトサイドが、水深が深くなっているので冬バスが好むポイント

水中には大量のテトラポットが存在し、バスが集まります。

上記以外でも

  • 鰐川消波ブロック帯
  • 霞ヶ浦本湖のテトラ帯
    小高干拓エリア
    立花エリア

基本寒さを防ぐことができる場所で、温排水・水深が深い・テトラがあるが釣れるポイントになります。

釣り方・おすすめルアー

ウォブリング

  • ダウンショットリグ
  • ネコリグ
  • ジカリグ

テトラ帯のではダウンショットリグ・ネコリグ・ジカリグが有効で、水深が深いエリアでは重めのシンカーの方がテンポが良い

ソウルシャッド

  • シャッド
  • ミノー
  • クランク

冬の定番のシャッド・ミノー 早巻きで釣る事ができますが、もし根がかりする場所ではクランクの方が障害物回避能力が高い事があるので状況によって変えていきましょう(*’▽’)

真冬の霞ヶ浦釣り動画

✓こちらの記事も合わせてどうぞ

友情釣行

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ