【2019新製品】ジャッカルの新作ルアーとワームを見逃すなっ!

ジャッカルブース

2019年フィッシングショー(横浜)で公開された
ジャッカル(JACKALL)の新製品情報を1ページに!!

この記事では

  • 新作ルアー
  • 新作ワーム
  • (リボルテージ)新作ルアー
  • (リボルテージ)新作ワーム

など分かりやすく掲載しています。

---スポンサーリンク---

▼目次・クリックでジャンプ▼
川島 ジョインテッドミノー【ジャッカル】
チョップカット(トップ)【ジャッカル】
オフショアジグ【ジャッカル】
ハイブリットバグ(虫系)【ジャッカル】
リボルテージ(Revoltage)とは?
メガポンパドール(Rev-Tuned)【リボルテージ】
FC-4.0(ワーム)【リボルテージ】
JB-110SP(ミノー)【リボルテージ】
SCF-3.5(表層ワーム)【リボルテージ】
BG-1.5(虫系ワーム)【リボルテージ】

川島 ジョインテッドミノー【ルアー】

ジャッカル川島 ジョインテッドミノー
ジャッカル川島 ジョインテッドミノー

川島さんが「ワカサギサイズのカワシマイキーが欲しい」と言う事がで開発が勧められたルアー!

ワカサギパターン用に作られているので、ワカサギ・小さい小魚をメインに捕食フィールドで活躍しそうです!

65mm・3ジョイントフローティングミノーが発売予定

チョップカット.Jr【ルアー】

ジャッカル チョップカット.Jr

ジャッカル チョップカット.Jr

チョップカットのジュニアも登場予定!

チョップカットのオリジナルのサイズが82mmでジュニアは65mm前後になっているみたいです。

オリジナルが24gだったので、18gくらいになるのかなー?

オフショアジグ(ショート・ロング)

ジャッカル オフショアジグ

ジャッカル オフショアジグ

ジャッカル オフショアジグ

シルエットで使い分けるシステムジグ!

形が少し特徴的な物になってる。片方だけ出っ張った形状なので、フォールさせるとハイピッチ・ジグザグの姿勢になり

食わせの【間】を与える事ができる。

ハイブリットバグ【ルアー】

ハイブリットバグ
ハイブリットバグ
ハイブリットバグ

加藤誠司さんが20年目の一つの答えと書いてある商品です。

このハイブリットバグの羽ですが、加藤さんが10年以上のシークレットにしていた物らしく本物に追求したようです。

羽はラバー素材の物を使用する事が多い物ですが、ハイブリットバグはビニール!?

これはヤバイかも(笑)

新ブランド【リボルテージ(Revoltage)】

リボルテージ

ジャッカルから新ブランドが登場しました!!

【リボルテージ(Revoltage)】

この新ブランドですが、バスフィッシングで新たなトレンド・テクニックを生みだす事を目指して作られているようです。

リボルテージのメンバーですが、

  • 西川慧プロ
  • 加木屋守プロ
  • 藤田京弥プロ

の3人でプロジェクトを進めているブランド!!

藤田京弥プロは2018年JBトップ50の年間ポイントランキング2位の方で、今後のリボルテージに期待ですね( *´艸`)

メガポンパドール (Rev-Tuned)

メガポンパドール Rev-Tuned

メガポンパドール Rev-Tuned

メガポンパドールがリボルテージでリニューアル!

オリジナルのメガポンパドールよりもスロー用に設計されているので、デットスローで使用できる可能性あり!

普通に色がカッコイイです♪

FC-4.0(ワーム)

FC-4.0

高比重ワームのように見えますが、素材が軽い物(ソルト減量)しているので、フォールの滞空時間が長いワームです。

バックスライドの距離ではなく、時間で食わせるワームなので、シャロー(表層)で活躍するはず!

JB-110SP

JB-110SP

軽いジャーキングでキレ鋭いスライド!

ダートが得意なミノーです♪

SCF-3.5

SCF-3.5

フッログのような形ですが…たぶんワームだと思います。

背中にフックを刺すポイントがあるので、フロッグのように扱えるワーム!ドックウォークも出来てしまうらしい!

BG-1.5(虫系ワーム)

BG-1.5

個人的に1番気になっているのが「BG-1.5」

藤田京弥プロが作ったもので、この虫は見るからに…..めちゃくちゃ釣れそう(笑)

まとめ

リボルテージ

2019年のジャッカルはリボルテージで新たなブランドが登場し、リボルテージのロッドも約12本ほど販売予定で価格が3万前後で買えるそうです。

ジャッカルは人気のあるメーカーなので、売り切れる物も多く存在するかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ