釣りの用語 アイとは? アイの意味を分かりやすく説明していきます【ルアー】

レベルバイブ
出典:レイドジャパン

釣り用語の

「アイ」

に関する意味や役割を
分かりやすくまとめてみました。

▼目次(クリックでジャンプ)

  1. アイって何?
  2. アイの特徴や性能
---スポンサーリンク---

アイって何?

ルアーやフックに釣り糸を結び付ける輪の場所を「アイ」と言い、
ラインを結ぶ為のアイにつけられている金属のリング部分は、「アイレット」

ダッジ 新色

この部分をアイと言います

釣り糸を結ぶ所って 覚えてもらえると分かりやすいと思います(*’▽’)

アイの特徴や性能

レベルバイブ

このアイの部分ですが、少しでも曲がっていたり歪んでいるとルアーの動きが、おかしくなるので注意!!
真っ直ぐ泳がなくなるので、基本はルアーの中心にアイがあると覚えてください(=゚ω゚)ノ

アイと言っても..ルアーの種類によっては複数ついている場合があります。
特にメタルバイブレーションの場合、3つ以上アイが付いていてる物もあり

リトルマックス
出典:エバーグリーン

このように複数ついている場合は、基本は真ん中のアイに付けてもらえればイイのですが、この付ける位置を変えるとルアーの泳ぐレンジが変わる事があります。

バジングアイ

後方のアイに付けると
浮き上りが早くなり、スローリトリーブでもよく動きます。

ディープアイ

前方のアイに付けると
浮き上りにくく、ディープエリアを攻める時に有効です。

あと間違えやすいのが…ルアーの目の部分もアイと呼びますので気を付けて(笑)
紛らわしいですね(/ω\)

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ