【釣り用語】シェードとは? シェードの意味を(影)分かりやすく説明します。

釣り シェード

釣り用語の

「シェード」

に関する意味や特徴を
分かりやすくまとめてみました。

---スポンサーリンク---

シェードって何?

夏 野池バス釣り

光をさえぎるもの

日よけ、日陰など

直射日光が当たらない影の事を
「シェード」って言います(=゚ω゚)ノ

例えば…

木の影や岩の影など、
何かの物があれば基本 影が存在します。

シェードの代表はオーバーハング

オーバーハング

オーバーハング

(岸に生えている草や木が水面に覆いかぶさっている場所)

写真を見てもらえれば分かりやすいと
思いますが昼間で太陽がカンカンに
光っていてもオーバーハングの下は
シェードが存在します
(*’▽’)

日陰は魚が好むポイント

バス釣り 静岡

魚は直射日光を避ける魚が多く、
シェードと言われる場所には魚が存在しやすい。

人間も直射日光に当たりすぎるとバテてます
( ;∀;)

夏になるとシェードと言われるポイントは
一級のポイントになり(=゚ω゚)ノ
暑さを凌ぐ場所でもあり、
エサを食べる為に身を潜めやすい場所

特に木の下(オーバーハング)は
昆虫を狙っているバスが存在するので
出来るだけ狙っていこう♪

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ