【DUO・テトラワークス】アジングワーム・おすすめルアーの魅力を解析!

テトラワークスのアジング情報を1ページに!!

  • バーニー
  • ピピン
  • チョップ
  • スナイプヘッド(針)
  • カラーの選び方・匂い
  • 使い方・アクション方法
  • 解説動画
  • タックル

など【DUO・デュオ】ライトゲームメーカーを分かりやすく解析!!

---スポンサーリンク---

▼目次・クリックでジャンプ▼
テトラワークスとは
バーニー(アジングワーム)
ピピン(アジングワーム)
チョップ(アジングワーム)
カラーの種類・オススメな色
スナイプヘッド(ジグヘッド)
テトラワークス・ワームの匂い
使い方やアクション方法
テトラワークス実釣・解説動画
アジング用のタックル
新作ワームが登場!?【new】

テトラワークスとは

テトラワークス Tetra Works

釣り具メーカー【DUO】のライトゲームブランド

メバル・アジ・カマス・メッキ・セイゴ(シーバス)・カサゴなど身近で港などで簡単に狙う事が出来る魚がターゲット!

すべて国内自社工場でルアーを作っているため、価格がやすく高性能なルアーが特徴のブランドです。

個人的にはハードルアー(ミノー・ポッパーなど)が凄く可愛い物が多い♪

テトラワークスのキャッチコピーは

気軽に、手軽に、遊べる、釣れる。「うれしい!」「たのしい!」「きもちいい!」

萩原徹(はぎはら・とおる)

萩原徹

出典:萩原徹さん インスタ

アジング・メバルなどのライトゲーム
ショアジギング・バス釣りと何でも釣りをするDUO・テトラワークスの責任者。

テトラワークスの動画は萩原徹さんが解説を行っています。

バーニー(アジングワーム)

テトラワークス バーニー

アジングワームでは珍しい2本のシッポ(ツインテール)を採用・平たいボディ

バーニーの名前の由来は可愛いウサギの「バーニー」から!!

バーニーのスペック

メーカー DUO Tetra Works
重さ 0.3g
長さ・大きさ 42mm
ルアータイプ ストレートワーム系
価格 500円(税抜き)
カラー 12色

バーニーのインプレッション

バーニー

バーニー

薄いボディ・ツインテール・エビのシルエット・従来のアジングワームとは一味も二味も違う物

バーニーは釣れる

アジングワームでツインテールはイメージが沸かず抵抗があって売れにくい物になっていますが….バーニーはめちゃくちゃ釣れます!
(シーバス・タチウオ・カマスなどもw)

釣れる理由は、このツインテール!

ただ巻き・フォール・ステイなど、ツインテールが瞬間的にアピールする事が釣れるきっかけだと思っています。

バーニーのメリット・デメリット

  • 飛距離:0.3gと軽く少し空気抵抗のあるボディなので、めちゃくちゃ飛ぶワームではない。
  • アクション:ツインテールとリブのおかげで、なまめかしいアクション!
  • フッキング:ツインテールが柔らかいので小さいアジも良くかかる
  • ボディの強さ:リブの部分が柔らかいので、切れそうなイメージですがリブを短く設計しているので思った以上に強い!
  • 値段:500円で12本入りなので普通の価格
  • 使える場面:オールラウンドのワームなので万能。
飛距離

他メーカーのストレートワーム(チビキャロスワンプ・キビキビナーゴ)と比べると投げた時に少し抵抗を感じるイメージ

実際、不満を感じる物ではない。

アクション

水槽で動きを確認していますが非常になまめかしいアクションです。ツインテールが良い!

リブのおかげで水を掴む事が可能、他のストレートワームだと水中の落下スピードが速いがバーニーは遅いほうなので表層をサーチしやすい!

フッキング

ツインテールの影響でフッキングがしやすい物

10センチ以下のアジも釣れます。
(使用するジグの重さに影響されますがバーニーは良い)

ボディの強さ

バーニー

リブの部分が非常に柔らかい、しかし使用した感じだとテールは切れる事はあるがボディは大丈夫。

ただ…ボディが針からずれていくと切れる可能性が高いのでジグとボディを接着剤で止めると身切れしにくくなると思います。

バーニーが得意とする場面は

レモンサイダー バーニー

  • 濁りが強い場所
  • 初めて行くフィールド
  • アジの反応を見たい時

など..状況の判断がしやすいサーチワーム。1番初めに投げる事がオススメ

使える場面

オールラウンドのワームなので便利♪

表層にアジがいる時に有効で、魚の反応を調べたい時に使えるパイロットルアー。

スローに細かいアクションで誘いたい時に活躍してくれます。

あとドリフト(ワームを水流を利用して流す)でも良いアクションがでますね♪

しかしバーニーはオールラウンドな物! 何かに特化した物ではない!!

でも他メーカーのストレートワーム(ピンテール系)にないアピールが存在するので、そこがこのワームの強い部分。

バーニーの口コミ

バーニー

出典:aoihousenさんのインスタ

  • リブで魚を呼んでくる感じ
  • メバルにも効く
  • とりあえず、これで様子見! 喰います。
  • DUOだから安心して使えます。
  • 同じ重さのジグヘッドで少しフォールスピードを落としたいときに使っている
  • ツインテールが可愛い♪
  • スレるのが早いような…
  • 耐久性がない
  • とりあえず買ってみたが、よく釣れる
  • サーチの為、まずはこのワームからスタート! 地域によって釣れるカラーやサイズがあるようなので、その場にマッチしたものを選択すると釣果も上がる。
  • 一口サイズのこのワーム。特にスイミング姿勢がキレイ
  • リブのおかげで少しフォールを遅くしたい時に使用

イワシっこ バーニー

バーニーの動画

萩原 徹さんバーニー解説動画
【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Burny(バーニー)のご紹介~萩原徹

【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Burny(バーニー)のご紹介~萩原徹

バーニー水中映像(水槽)
【テトラワークス】バーニーの水中映像(初心者必見アジングワーム)

【テトラワークス】バーニーの水中映像(初心者必見アジングワーム)

—スポンサーリンク—

ピピン(アジングワーム)

ピピン

ストレートワームでありながら、他のメーカーと比べて形が独特。

ピピンの名前の由来は、動かしたアクションがピンピンピンって動くからだそうです。

ピピンのスペック

メーカー DUO Tetra Works
重さ 0.2g
長さ・大きさ 45mm
ルアータイプ ストレートワーム系
価格 500円(税抜き)
カラー 12色

ピピンのインプレッション

ピピンの動き

ピピン

ピピンには3つ小さいリブが存在します。

アクションを入れると遅れてアピール、他のストレートワームよりもナチュラルな動きが出るワームなんですよね♪

形が四角い物になっているので、水受けが良い・ドリフト(流す)しやすい。

ピピンのメリット・デメリット

  • 飛距離:安定して、よく飛ぶ
  • アクション:ナチュラルアクション、テールが遅れてアピール
  • 使い勝手:初心者でも使いやすいストレートワーム
  • フッキング:かなり良い
  • ボディの強さ:丈夫な素材
  • セット時:形が特殊なのでセットしずらい
  • 値段:500円で12本入りなので普通の価格
  • 使える場面:スレている状況で使える
飛距離

細身のボディなので、よく飛びます。

軽いジグヘッドでも快適・水中の時でも素早くフォール(落ちる)するのでストレスが少ない

風が強い日・軽量ルアーを投げるのが苦手な人に

アクション

ピピン

ただ巻きだとナチュラルアクション

アクションを入れるとテールが遅れてくる物で、とても良く出来たワーム。

形が四角になっているんので、ストレートワームでありながらドリフト(水流を使い流すテクニック)が可能!

今までのストレートワームは激しく動く物が多いので、激しく動く物が好みの人にはピピンだと物足りなさを感じるかもしれません。

フッキング

使用するジグや状況で変化はしますが、非常に吸い込みの良いワーム!

シッポのみ取られる場合もありますが、丸のみにされることが多かったので問題なし!

ボディの強さ

ピピンのボディは予想以上に強い

触ってもらうと分かりやすいと思いますが、しっかりしている分類のワームになります。

しかし、シッポの部分は切れることもあり!

…シッポがなくても釣れます(笑)…気分的にあんまり嬉しくないですがw

セット時

ピピン

少しめんどくさいワーム(笑)

形が四角、ワームに上下のある物なので、針を刺す方向が決まっている。

夜や視界が悪い状況の場合、慣れていない人だとセットするのに時間がかかる人も(笑)

良いアクションを追求した形なので、仕方ない!

ピピンが得意とする場面(厳しい状況で釣れる)
  • アジが小魚をに付いているベイトパターンの時
  • 人が多くてスレたフィールドに有効
  • バーニーよりもシルエットを見せたい時

かるいアクションでもしっかりテールが動くので、低活性のアジに使えるワームです。

ベイトパターンが1番効果的・テールが弱波動でスレにくいのが特徴!

ピピンの使い方・釣り方

ピピン

出典:y8natchan様

タフな状況で厳しい時に釣れるのがピピン!

テトラワークスのアジワームの中でサイズが大きいがアクションはナチュラル。アクションを入れるとテールが遅れてアピール

この遅れるアピールが、アタリが少ない時に活躍してくれてピンっと少し強めにロッドを入れると、アジのリアクションバイトを取る事ができます。

アクションを入れて食わす感じが…たまらない(笑)

「食わせてやったぞ!」って気分になれるワーム♪

ピピンの口コミ・評価

  • アジはもちろん、カマス、メバル、セイゴ、小さい太刀魚と色々釣れます。
  • ただ巻き、リフトアンドフォールでアジを釣る事が出来ました
  • アジよりもせいごがたくさんつれます
  • 小さいアジでも吸い込みが良いので安心。
  • アクションを入れて食ってくるので、面白い
  • ワームを付けるのが大変
  • 豆アジもバッチリ吸い込みます。

ピピン ライムサイダー

ピピンの動画

萩原 徹さんピピン解説動画

【大注目アジングワーム】DUO TETRA WORKS Pipin(ピピン)のご紹介~萩原徹

【大注目アジングワーム】DUO TETRA WORKS Pipin(ピピン)のご紹介~萩原徹

—スポンサーリンク—

チョップ(アジングワーム)

チョップ

チョップの名前の由来は、斜めにリブがある事からチョップと命名(笑)

少し変わった、特殊なワーム!!

チョップのスペック

メーカー DUO Tetra Works
重さ 0.2g
長さ・大きさ 35mm
ルアータイプ レンジキープタイプ
価格 500円(税抜き)
カラー 12色

チョップの動き・アクション

リブが斜めに入っている事で、刺し方によって動きが変化するワームです。

レンジをキープする刺し方

チョップ

フォールスピードを落とす刺し方

チョップ

左右にドリフトをする刺し方

チョップ

1つのワームで4パターンのアクションが可能。

シッポが平たく切れ目がしっかり入っているので柔らかく、しっかり動く

萩原徹さん・チョップ解説

【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Chop(チョップ)のご紹介~萩原徹

【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Chop(チョップ)のご紹介~萩原徹

チョップのインプレッション(感想)

釣り

チョップのメリット・デメリット

  • 飛距離:少し抵抗を感じる。ピピンと比べると劣る
  • アクション:レンジのキープが良い
  • フッキング:小さいサイズもバッチリ
  • ボディの強さ:壊れにくい
  • セット時:刺し方が豊富で困る(笑)
  • 値段:500円で12本入りなので普通の価格
  • 使える場面:ルアーサイズが小さいので豆アジに有効
飛距離

普通よりもやや劣るイメージ!

投げて困る事はない…でもピピンの後に使用すると飛びにくい事が分かると思います。

アクション

レンジキープ・フォールスピードを抑える事ができるので良い

ロッドを細かく動かすとテールがパタパタと動く、ロッドを弱く動かすとナチュラル

ピピンバーニーとは違ったテールのアクション

フッキング

かなり良い!

シルエットが小さいって事もありますが、テールがきちんと曲がってくれる為、吸い込みの良い物になっている。

ボディの強さ

身切れる事が少なかった。

テールの根元に切れ込みがあるので、状況によっては切れる可能性はあると思います。

セット時

あらゆるシュチュエーションに対応できるワームですが、セットに困る事も(笑)

アジングに慣れている方だと便利なワームですが、初心者だと「今の状況は、どれが有効?」って思う方もいるはずです。

チョップの使い方・釣り方

アジングワームの中でもサイズの小さい物。

豆アジなど対象の魚が小さい時などに活躍するチャンスが多く、レンジキープ・フォールスピードの変化をする事ができるワームなので、この特徴を最大限に使う事が大事!

チョップは代打!?

野球の言葉で「代打」と言う言葉があります。 この助っ人で使われる代打と言う言葉がチョップにはぴったり♪

バーニー・ピピンでダメなら、チョップ!

チョップでダメなら諦めようって個人的には思っています(笑) ピンチの時に頼りにされる「代打」…切り札にされるほどのワームです。

チョップが得意とする場面

  • レンジをキープしたい時
  • フォールスピードを抑えたい時
  • 自動でドリフトをさせたい時
  • 対象の魚が小さい時

状況によって万能に変化できるワーム。

バーニーはパイロットルアーで今のアジの状況などを判断する事に優れていますが、チョップの使いどころはバーニーの反対です。

状況さえ把握できてしまえばチョップの出番!

例…

バーニーで反応はある → しかし針にかからない → 「サカナが小さいのかな?」 → チョップに変える

チョップ ミドキン

チョップ口コミ・評価

チョップ

出典:yukiken0306様

  • バーニーとチョップは釣れる
  • パッケージを買っただけだと刺し方が分からない
  • コンパクトサイズ
  • チョップで47匹! 釣れすぎです。

—スポンサーリンク—

カラーの種類・オススメな色

  • 全12色!

スノーゴールド

スノーゴールド バーニー

つぶつぶピンク

つぶつぶピンク バーニー

しらすっこ

しらすっこ バーニー

イワシっこ

イワシっこ バーニー

アミっこ

ピピン アミっこ

ライムサイダー

ピピン ライムサイダー

ピーチサイダー

ピピン  ピーチサイダー

レモンサイダー

ピピン レモンサイダー

マズメSP

チョップ マズメSP

ミドキン

チョップ ミドキン

シルバー★スターダスト

チョップ シルバー★スターダスト

ゴールド★スターダスト

チョップゴールド★スターダスト

おすすめカラー

基本4種類のカラーを用意する事が良い、状況に応じてカラーチェンジ(ローテーション)を行うので大きく分けて色を紹介していきます!

1.アジがシラスなどを捕食している場合…
(ベイトフィッシュの色に合わせる)

しらすっこ バーニー

  • しらすっこ
  • イワシっこ
  • ミドキン
  • シルバー★スターダスト
  • マズメSP

基本この5色で問題なし!

ただ、マズメSPとライムサイダーに使用しているクリアーブルーのホロクラムはベイト付きの状況でかなり高反応なことも、特にマズメ時にライズが発生している状況で威力を発揮します。

ライズとは?

捕食者の捕食行動による水面の乱れの事!

簡単に説明するとボイルは、追われた魚が水面に出てくること!

ライズは追いかける魚が水面内で起こす水面の乱れって感じです。

2.アジがアミなど虫系を捕食している場合..
(パール系・グロー系がおすすめ)

ピピン スノーゴールド

  • スノーゴールド
  • つぶつぶピンク
  • アミっこ
  • ゴールド★スターダスト

春先によくアミ系を好んで捕食する場面では「パール系のソリッド色」が鉄板(ソリッド色…色が透明でなくハッキリしているアピールカラー・パールは白系)

ミドキン・ライムサイダーなどのグリーン系も春は強いカラー

状況によっては細かく発光するシルバースターダスト(デイゲームに強い)ゴールドスターダストが効果的

UV・グローって何?(カラーの知識)

uvとは、ケイムラと言われている物で、「紫外線を反射し、発光する物」

グローとは、「光を吸収し、発光する物」

似ているように全然意味が異なる物なので覚えておきましょう♪

3.常夜灯の色に合わせる(白色)
(クリアー系UV・ホロ入り)

チョップ レモンサイダー

  • ライムサイダー
  • ピーチサイダー
  • レモンサイダー

常夜灯(白)でUVは鉄板!…しかしコレは水銀灯の話!!

最近ではLEDが増えてきているのでUVカラーだとアピールが強すぎてしまう場面があります。

その時は、しらすっこ・イワシっこ・マズメSPが効くパターンがあり♪

しかし…濁りが入っている時は逆にUVに高反応になる事も….(笑)

4.常夜灯の色に合わせる(オレンジ色)

チョップゴールド★スターダスト

(ゴールド)

  • ゴールド★スターダスト
  • スノーゴールド

(暖色)

  • つぶつぶピンク
  • ピーチサイダー
  • レモンサイダー

レッドパールが入っている(アミっこ)も有効。

DUOの萩原さんは「つぶつぶピンク」を多用しています。

結局..色はどれを買えばいいの?

質問

たくさん持っている方が便利ですが、全部買うのはお金がもったいないので自分の行く場所や時間に合わせてみましょう(*’▽’)

上記の4種を基準に選ぶ事がオススメ♪

個人的には、しらすっこ・つぶつぶピンク・ライムサイダーの3つあれば万能に対応できると思います!

※カラーに関しては水色・街灯の色・時期などで変化するので、どれが1番とは決める事はできません

限定カラー

2019年6月に限定で4色発売

クルマエビ

クルマエビ

ホッコクアカエビ

ホッコクアカエビ

ツノモエビ

ツノモエビ

サクラエビ

サクラエビ

—スポンサーリンク—

スナイプヘッド(ジグヘッド)

スナイプヘッド

【DUO】テトラワークスのスナイプヘッド
重さのラインナップは11段階

  • 0.15g
  • 0.3g
  • 0.5g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.2g
  • 1.5g
  • 1.8g
  • 2.0g
  • 2.5g
  • 3.0g

0.5g~1.5gの物があれば基本アジングは大丈夫です。

※目安です。地域・場所によって重さは変動する

テトラワークスのワームはスナイプヘッドが推奨ですが、他メーカーの針でも普通に使えます。

スナイプヘッド解説動画

【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Snipe Head(スナイプヘッド)のご紹介~萩原徹

【要注目アジングルアー!】DUO TETRA WORKS Snipe Head(スナイプヘッド)のご紹介~萩原徹

スナイプヘッドの特徴

  • 金針
  • オープンゲイブ(針が少し外向き)
  • アイが少し後ろ(糸を結ぶ場所)
  • 針が叩かれている(どううち)
  • ワームキーパーなし(ワームを固定する場所)
  • ヘッド形状がハの字(オモリの部分)
  • ハの字なので潮を受けやすい

針がオープンゲイブでアイが少し後ろにあるので、魚に針がかかりやすくて速い物

針が途中で平たい物になっている事でキラキラと反射しアピールが可能。ヘッド形状がハの字なので落ちる時の姿勢が安定し、海底の落ちた時も針が立つ設計になっているので根がかりがしにくい・潮の流れを受ける事で他の針よりも操作感や操作性を感じやすい物になっている。

テトラワークス・ワームの匂い

テトラワークス 特濃エビエキス

  • 特濃エビエキス入り

実際に手に取って匂いを確認してみると…そこまで臭くないワームです。

手に匂いが残るワームも存在するので、これはうれしい♪

使い方やアクション方法

テトラワークス

  • ただ巻き
  • サビく
  • リフト&フォール

基本的なアクションは3つ

ただ巻きでゆっくりとリールを巻く・リフト&フォールでワームを上げたり・落としたりしてアジにアピールする・細かくロッドをシェイクしからサビく

チョップの場合、形が特殊でワームが落ちるスピードを抑える・レンジキープする事が得意なので、そこを意識すると良い!

サビくとは?

リールを巻かず、ロッドだけでワームを引っぱるアクション。

ロッドだけの操作になるので凄くゆっくりとワームを動かす事も可能で、とても繊細な釣りをする事が出来ます。

TETRAWORKSアジワーム解説

TETRAWORKSアジワーム解説

—スポンサーリンク—

テトラワークス実釣・解説動画

ルアー合衆国/萩原徹 パターンに合わせたHow toアジング!

ルアー合衆国/萩原徹 パターンに合わせたHow toアジング!

ルアー合衆国/萩原徹 パターンに合わせたHow toアジング!

【アジング】3倍釣れるルアーローテ術~萩原 徹:はぎはら・とおる

【アジング】3倍釣れるルアーローテ術~萩原 徹:はぎはら・とおる

【アジング】3倍釣れるルアーローテ術~萩原 徹:はぎはら・とおる

ルアー合衆国/萩原徹 テトラワークス初のアジングアイテムで攻略のディアジング!

ルアー合衆国/萩原徹 テトラワークス初のアジングアイテムで攻略のディアジング!

ルアー合衆国/萩原徹 テトラワークス初のアジングアイテムで攻略のディアジング!

テトラワークス アジングin関西編

テトラワークス アジングin関西編

テトラワークス アジングin関西編

TETRAWORKSボートアジングin横浜

TETRAWORKSボートアジングin横浜

TETRAWORKSボートアジングin横浜

TETRAWORKSアジングinしまなみ上関編

TETRAWORKSアジングinしまなみ上関編

TETRAWORKSアジングinしまなみ上関編

テトラワークスの公式のYouTubeのチャンネルも最近どんどんアジングの動画が公開されています。

テトラワークス Tetra Works

テトラワークス【YouTube】

バーニーなどで使用しているタックル

アジングロッド

6フィート前後のロッドがアジングのスタンダードな物になり、1万円くらいの物でもアジングを始める事も可能。

僕は萩原さんがオススメしてくれたテンリュウ(ルナキア)5.8フィートの物を使っています。( LK582S-LS)

テンリュウ(ルナキア)

テンリュウ(ルナキア)

定価が35000円、店頭などの割引で3万以下で購入する事が可能だと思います。

価格が高いと思う人もいるかもしれませんが、個人的には1万円前後の物を買ってからテンリュウ(ルナキア)を購入した物です(笑)

1万円でスタートする事も良いですが、これからアジングをやり込むって人には….テンリュウ(ルナキア)を買う事を強くオススメします。

1万円の物でもアジは釣れます…ただ操作感・バランスなど投げていて楽しい竿と言えるのがテンリュウ(ルナキア)でした。

リール

こちらも1万円前後で購入可能!

リールのサイズはスピニングリールの1000番前後の物がオススメです。シマノだと500番の物もある。

僕は(シマノ)ストラディック2000CI4+を使用しています。

ストラディック2000CI4+

ストラディックCI4+

ストラディックCI4+は2万円くらいする物ですが160gと凄く軽く、海水にも対応している物です。

ダイワが好きな人はダイワでも問題なし!!

ちなみに萩原徹さんが使用している物は「月下美人EX1003」

月下美人EX1003

月下美人EX1000

ライン

僕が使用している物は、エステルラインの1ポンド(0.2号)・リーダーがナイロンの3ポンド(0.75号)を使用。

リーダーをフロロにしている方が多いですが、個人的にはナイロンの方が吸い込みが良いと思って使用しています。好みなので、もしナイロンに興味がある人はナイロンで!!

エステルライン(鯵の糸)

鯵の糸

鯵の糸は240mと大量に入っているラインです。80mに分けて使用すれば3回も使える。

今、気になっているエステルラインはアンバーコード D-PETの失透ピンク!
視認性の高い、透けにピンクのラインです。鯵の糸に不満はないですがD-PETも今後が使用する予定!

エステルライン(D-PET 失透ピンク)

アンバーコード D-PETの失透ピンク

2019年新作ワーム【メガロパ】

テトラワークス

….なんだこれは!?(笑)

名前は「メガロパ」らしいです。

カニのプランクトンを意識しているワームの可能性が高い

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ