【釣り用語】ウィードとは? ウイードの意味を分かりやすく説明します

ウィード

釣り用語の

「ウィード」

に関する意味や種類を
分かりやすくまとめてみました。

---スポンサーリンク---

ウィードって何?

水中に生えている

水草や海藻の事。

バス釣りでは、
水生植物を総称してウイードと呼びます。

ウィードには種類があり、
季節によって魚の狙い方が変わってきます
(*’▽’)

ウィードの種類

クロモ(黒藻)

ウィード

全国の池・湖・沼・川などに群生する沈水植物。
6~10月に花を咲き、クロモの特徴は葉に少しギザギザがある感じです。

コカナダモ

コカナダモ
出典:BASSYAN

北海道を除く池・湖・沼・川などに群生する沈水植物。

葉が3枚が基本のコカナダモ。
夏になるとよじれやすくなり、寒い時期になると よじれがなくなってきます。

オオカナダモ

オオカナダモ
出典:BASSYAN

コカナダモと同じく寒い地域では生息しにくい沈水植物。

葉が4枚が基本のオオカナダモ。
名前の由来の通り、大きい個体です。

エビモ

エビモ
出典:植物雑学事典

全国の湖・沼・池・川などの浅い場所に生息する沈水植物。
名前の由来の通り、エビが生育する場所に生える。エビモには種類が2つあり、1年中緑のタイプと夏になると枯れるタイプが存在する。

ウィードはポイント

池
ウィードは小魚やエビなどが存在し、
夏場になれば日陰にもなるので
バス釣りをする際に狙うポイントになります。

ただハードルアーでウィードを狙うと
引っかかってしまう恐れがあるので、

オフセットのワームで探れば
イイ答えが出てくる可能性あり(*’▽’)

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ