【釣り用語・コツ】ボーアンドアローキャストとは?やり方と意味を分かりやすく説明

ロッド 竿

釣り用語の

「ボーアンドアローキャスト」

に関する意味や特徴を
分かりやすくまとめてみました。

---スポンサーリンク---

ボーアンドアローって何?

ボーアンドアローキャスト
出典:バステクTV

  • ボーアンドアロー(弓矢)
  • キャスト(正確・遠くに投げる)

弓矢のように、ルアーを引いて放つ投げ方をボーアンドアローキャストと言います。

ボーアンドアローの特徴

メリット

  • 障害物が多い場所でも投げれる
  • 低い弾道が出しやすい
  • コントロールがイイ

デメリット

  • 飛距離が出ない
  • 硬い竿だと投げにくい

ボーアンドアローはルアーを引いてキャストする為、オーバーハングなど投げにくい場所で非常に役に立つ投げ方です。

ただ飛距離が出しにくく竿が硬いと投げにくいので、柔らかいスピニングロッドでやる事がオススメ♪

※ボーアンドアローは上・横・下から投げる事で弾道が変化します。

ボーアンドアローのコツ

ルアーを指で摘み、投げたい方向にロッドを向けて離す事でルアーが飛びます。

ロッドの角度で弾道が変化し、
引っ張る力で飛距離が変化。

竿の曲がりでルアーを飛ばすので、
柔らかい竿でやる事がイイと思います。

ボーアンドアロー参考動画

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ