【釣り用語・コツ】フリップキャストとは?やり方と意味を分かりやすく説明

ロッド 竿

釣り用語の

「フリップキャスト」

に関する意味や特徴を
分かりやすくまとめてみました。

---スポンサーリンク---

フリップキャストって何?

フリップキャスト バス釣り
出典:バステクTV

足元や近場に投げる際、
着水音を小さくして
プレッシャーを与えない投げ方。

フリッピングに似ていますが少し異なる投げ方です。

フリッピングは振り子のようルアーを動かす動作がありますが、フリップキャストはロッドのしなりを使いながら投げます。

フリップキャストの特徴

メリット

  • 連射して投げる事が可能
  • 着水音が小さめ
  • プレッシャーを与えにくい

デメリット

  • 飛距離が出ない
  • 特赦な投げ方なので、覚える事が大変

フリップキャストはルアーを回収してから、すぐに投げる事が可能なキャストで、手返しの良い投げ方です。
とてもメリットの大きい投げ方ですが…

覚える事が非常に大変(笑)

最初は真上に飛ばしてしまう事が多いです。

フリップキャストのコツ

投げる時に間違えやすいのが、
ロッドを下から上に振るのではなく

ロッドを下に振って、ロッドのしなりの反動でルアーを投げるイメージです。

竿が長いと、背伸びをしたくなりますが
背伸びをしないでも投げる事が可能です。

本当に難しいキャストなので練習は必要!!

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ