【釣り用語・コツ】スパイラルキャストとは?やり方と意味を分かりやすく説明

ロッド 竿

釣り用語の

「スパイラルキャスト」

に関する意味や特徴を
分かりやすくまとめてみました。

---スポンサーリンク---

スパイラルキャストって何?

スパイラルキャスト
出典:http://basstectv.com/casting/spiralcast

狭い場所でも投げる事が出来るコンパクトなキャスト

  • スパイラル(螺旋・渦巻)
  • キャスト(正確・遠くに投げる)

螺旋(らせん)の円も描いて投げる方法!
スパイラルキャストは見た目が非常にカッコよく、とても便利な投げ方です。

スパイラルキャストの特徴

メリット

  • 狭い場所でも投げる事が可能
  • 飛距離が出しやすい
  • 着水音が小さい方

デメリット

  • 投げたい場所に投げるまで時間がかかる
  • コツを掴まないと飛距離や精度が低い

スパイラルキャストは遠心力を使ってなげるので、飛距離が出しやすく。
フリップキャストのように弾道を低く投げる事も可能、
しかもコンパクトなスイングなので利点が非常に多いキャストです。

ただ…横回転と縦回転の遠心力をルアーに伝えて投げる為、最初は上方向に上がってしまうほど難しい投げ方だと思います。

スパイラルキャストのコツ

イメージとしてはバックハンドキャストからフリップキャストをする感じで、

竿を曲げて投げるのではなく、ルアーに遠心力を与える感じで円を描いて回します。

ルアーを放すタイミングが大事なので、投げて感覚を掴むとイイと思います。

スパイラルキャストの動画

釣り用語
一覧表まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ